スカルマン:第2話に出てきたラジカセはビクター(Victor)RC525!!

アニメ・特撮に出てきたオーディオたち
Pocket

『仮面ライダー』の原型になった漫画作品が
この『スカルマン』。
1970年、雑誌「週刊少年マガジン」に読み切り掲載され
1998年には島本和彦版の漫画作品が連載されています。

アニメ化されたのは2007年のこと。
デザインがかなり変形されていて、
ストーリーも大幅に変更されているため
賛否が分かれている模様。

そんな第2話「過去から来た男」より。
フリージャーナリストの御子神隼人が
うらぶれた街を歩いています。

治安が良くなさそうですね。

年代物のようなバイクがちらほらと……。

ラジカセが置いてありました。

明るくして、拡大しました。

かなりゴツイ。
これは、ビクター(Victor)のラジカセ、
RC525だと思います。

1978年発売、生録(ナマロク)機能を
大々的に取り入れた機種として名を馳せました。

外にラジカセを持って行って
海の波音、列車の走行音、ライブ演奏なんかを
録音して楽しむために買う人が多かったそうです。

一般的なラジカセだとFM用アンテナが取り付けてある
ところに、ズームシューターマイクが見えますね。

アンテナと同じように伸縮して
音を捉えることができます。

当時はワイヤレスのマイクも存在していたので、
見た目は派手でしたが使い勝手の面からすると
どうだったのか……。

(amazon)
↓スカルマンの原作マンガをamazonで購入

↓スカルマンのDVD第01巻をamazonで購入

(楽天)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スカルマン DVD 全13話 325分収録 北米版
価格:5190円(税込、送料無料) (2021/12/30時点)

Follow me!

コメント

PAGE TOP