*

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 BC自由学園のリヤカーに積まれたジャンクを特定できたら「昭和のおっさん」確定!!

Pocket

ガールズ&パンツァー 最終章
第2話を見ていたら、
リヤカーに積まれたジャンクが目にとまりました。

うーん、これは……。
おっさんホイホイですな。

一見したところ、こんな感じになりました。

拡大しました。

順番に見ていきましょうか。

パーフェクション(エポック社)


 いろいろな形をしたプラスチックピースを
制限時間内に所定の場所へはめ込んでいくゲーム。
タイマーは確かゼンマイでできていたので
電池不要、いつでも遊べたおもちゃです。

こういうのって、小さなピースが
行方不明になって遊べなくなる、なんてことが
よくありました。

二角帽子(ナポレオン帽)


 ナポレオンがかぶっていたことで
知られる帽子。18世紀後半から
19世紀前半にかけて流行したもので、
日本では「仁丹」のキャラクターが
かぶっていたものといえば昭和の
おっさんは納得するのではないかと。

スーパーギャラクシアン(ASTRO WARS、エポック社)


 テレビゲームではなくて、時代的には
その前に発売されていたLSIゲームです。
来襲するエイリアンたちを倒していく
シューティングゲームです。
敵の動きがインベーダーみたいに同じではなく
トリッキーなのも特徴でした。

人生ゲーム(タカラ)


 1968年に発売され、現在まで
リニューアルを繰り返して発売され
続けてきた定番のボードゲーム。
8~10年おきに新しくなっているようで、
そこには社会や文化の変化が密接に
関係しています。

箱のデザインからすると、初代か
2代目のものでしょう。初代は
1968〜79年、2代目は1980〜82年ですね。
アニメだとどちらにも取れるような感じで
描かれています。

レコードプレーヤー(DENON GP-3-R)


 スピーカーがついているレコードプレーヤーは
CDの発売が1982年、定着していったのは
80年代後半でしたから、それまではカセットテープと
レコードが音楽を聴くためのツールでした。
扱いやすいようにアームもプラスチックで
できてるんですが、こういうので再生していると
レコードがどんどん傷ついてくるんですよね。

「レコードがすり切れるまで聴いた」なんていう
表現は、こういう体験から来ているんですよね。
CD以降の世代には何を言っているのか
分からないでしょうけど……。

魚雷戦ゲーム(エポック社)


 エポック社から出ていた対戦型のボードゲーム。
1967年発売、こちらも人生ゲームと同じく
いくつもリニューアルを繰り返しています。
ボードの色から、1976年の5代目ではないかと。
5代目は1976〜88年まで発売されていたので、
時代的にドンピシャではないかと。

テレビデオ


 テレビとビデオデッキがくっついた
「テレビデオ」。メーカーは判然としませんが、
1980年代はYouTubeもインターネットも当然無いので
記録するにはビデオを使わざるを得なかった訳です。

こうしたテレビとビデオが一体になった機種は
VHSが覇権を握るようになってから発売されているので
80年代末〜90年代がテレビデオの全盛期です。
それまではビデオデッキ自体がすごく高価で、
テレビも高かったから両者を融合したものは
とんでもない価格になってしまうからです。

ラジカセ(SANYO MR-U4)


 ラジカセはラジオ(FM, AM/まれにテレビ音声)と
カセットテープが聴ける人気のガジェットで、
各家庭に1台くらいはあったのではないかと思います。
これはサンヨー(三洋電機)が発売した
「U4(ユーフォー)」シリーズの初代ですね。
1979年発売、「おしゃれなテレコ」
(テレコ=テープレコーダーの略)という
キャッチコピーでCMをうち、大ヒットとなった
機種です。それまでは大型化が進んでいたので、
デザインを重視し必要最低限の機能を搭載して
小型化を図ることで女性やそれまで
機械に疎かった人たちにも受けたのです。
他社メーカーも追随して、
似たようなラジカセが多数発売されました。

そうしたテレコの時代が終焉を迎えたのは、
80年代半ばにソニーが重低音のラジカセ
「ドデカホーン」を出し、重低音+CDプレーヤー搭載
という形で色も黒くなり、黒物家電化していった
あたりからです。

ジャンピングホッパー


 一本足で下にスプリングがついている遊具。
足を乗せてぴょんぴょんと跳びはねるようにして
遊ぶもので、すぐに飽きてしまうのが玉に瑕。

飛び跳ねるだけで、あまり移動ができる
ものではなかったのが理由の一つかと。

ツインファミコン(シャープ)


 シャープが発売した、ファミコン本体と
ディスクシステムを一体化したもの。
なので「ツイン」という名前がついています。

黒い色のモデルも出てましたが、
やはり赤い色のモデルがインパクト大。
1986年発売、定価は32,000円だったので
高くて買えないなぁというのが当時の印象でした。

レターメイト(バンダイ)


 バンダイが発売した、女児向けタイプライター。
文字盤を回して紙に打っていく、
和文タイプライターみたいなものでした。
『魔法のプリンセス ミンキーモモ』との
タイアップ商品も出てました。

(amazon)
amazonで『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』を購入する

(楽天)
『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』を収録

(関連記事)
ガールズ&パンツァー 最終章 知波単学園の寺本さんがカメラを持って再登場!!
ガールズ&パンツァー 劇場版 知波単学園の寺本さんが使っていたカメラ
ガルパンのあんこう音頭が音楽的にダメな理由

Follow me!

Google AD


関連記事

宙のまにまに(そらまに)に出てきたカメラ(1)

略して「そらまに」、第1話より。 主人公の大八木朔 (おおやぎ・さく) は、 小学1年から2

記事を読む

魔法少女大戦に出てきたカメラ

日本全国のご当地魔法少女たちが、敵と戦うという魔法少女アニメ。 Episode 4 石川県

記事を読む

劇場版Fate/stay nightに出てきたカメラ〜ハーフサイズカメラブームが到来!?〜

2010年1月23日公開予定の『劇場版Fate/stay night』。 A4のクリアファイルを秋

記事を読む

Darker Than Black II 流星の双子に出てきたカメラ(2)

第1話「黒猫は星の夢を見ない・・・」より。 「トーキョーエクスプロージョン」があった夜・・・ロ

記事を読む

にゃんこい!に出てきたカメラ

第7話「暗くなるまで待って」より。 修学旅行、新たな波乱の幕開け!?  今日から楽しい修学旅

記事を読む

戦場のヴァルキュリアに出てきたカメラ(1)

サクラ大戦のスタッフが制作したオリジナルゲームが アニメになりました。 映像がキレイなのがいいで

記事を読む

とある科学の超電磁砲S 第1話に東京競馬場と競艇場が登場? じょしらくとの関係も!?

ついに始まりました、第2期。『とある科学の超電磁砲S』ですね。 さすが、第1話はキャラクターも背景

記事を読む

あにゃまる探偵 キルミンずぅに出てきたカメラ(2)

第33話「特ダネ! 水面に沈む黒いヤツ!?」より。 クラスメイトが川で遭遇した真っ黒い何かの正

記事を読む

紅(くれない)に出てきたカメラ

第8話「自愛と臆病と」より。 紫の七五三を祝うため、真九郎たちは神社へ行くことに。紫たちが着付

記事を読む

迷い猫オーバーラン!の洋菓子店「ストレイキャッツ」と同じ名前のバンドが実在する件

今回は、アニメ・特撮・映画に出てきた洋楽たち〜『迷い猫オーバーラン!』編となります。 ストーリーと

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


ポラスCMのキャラクター「ポラ猫」が使っているカメラはペトリ7 (Petri 7)!!

ポラスのCMに登場する 「ポラ猫」が使っているカメラが 気になった

アニメ『迷宮ブラックカンパニー』ワニベのカメラはポラロイド(Polaroid )のOne Stepと現行機種Polaroid OneStep+ i-Typeの合わせ技!!

センハケ(『戦闘員、派遣します!』)に近い 主人公がとっても軽いノリ

アニメ『探偵はもう、死んでいる』第1話に出てきたカメラはキヤノンEOS X9i !!

第1話「お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?/開幕、青春ラブ

アニメ『SSSS.DYNAZENON (ダイナゼノン)』鳴衣のカメラはニコンD80!!

ウルトラマンだけではなく、 円谷プロの新しい路線を切り開いたアニメ。

アニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』第7話にSONY WALKMAN用スピーカー、RDP-NWR100 ピンクが登場!!

第7話「14才の放課後」より。 リカの誕生日を祝うために集まった

→もっと見る

    • お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      題名

      メッセージ本文


    PAGE TOP
    PAGE TOP ↑