*

ジャンクな二眼レフ・スーパーフレックスをレストア (分解修理) する!(1)

公開日: : 最終更新日:2014/02/19 トイカメラ

Pocket

今から半世紀以上前、美光堂というメーカーから発売された
スーパーフレックスという二眼レフがあります。
訳あって私の手元まで流れてきました。
このアングルからだとまずまずのように見えますが……。
 photo superflex_restore_01_blog_import_529f061d7b9a7_zpsbc51eeda.jpg

レンズは曇っています。
 photo superflex_restore_02_blog_import_529f061eec81e_zps6fa95166.jpg

ピント合わせのノブは、純正品ではありません。
フィルムの巻き上げ部分は、欠品です。
 photo superflex_restore_03_blog_import_529f06204433e_zps7c73dc36.jpg

今回は、「スーパーフレックス」の銘板部分を塗装し直します。
 photo superflex_restore_04_blog_import_529f0621e26c6_zps1d7d012f.jpg

まずその前に、ピント合わせのノブをきれいにします。
 photo superflex_restore_05_blog_import_529f0622f00da_zps99a9d1e6.jpg

金具を外して、綺麗にお掃除。
 photo superflex_restore_06_blog_import_529f06240d9e5_zpse19f45b2.jpg

見違えるようになりました。
 photo superflex_restore_07_blog_import_529f0625b0aab_zps020bf1fc.jpg

はがれないように、ボンドで接着しておきます。
 photo superflex_restore_08_blog_import_529f06277bab4_zps2edefb50.jpg

これでノブは少し見られるようになりました。
 photo superflex_restore_09_blog_import_529f0628b0c03_zpsa5b83a64.jpg

次に、いよいよねじを外して銘板を取り出します。
 photo superflex_restore_10_blog_import_529f062a5a5ee_zpsdc99d7dc.jpg

なかなかうまく外れません。
そうこうしているうちに、右側のパーツが折れてしまいました……。
 photo superflex_restore_11_blog_import_529f062b708e5_zpsf1ce67e7.jpg

何とか外せました。
 photo superflex_restore_12_blog_import_529f062ccaea2_zps7f60e430.jpg

紙やすりで、塗装をはいでしまいます。
 photo superflex_restore_13_blog_import_529f062e13080_zpsa8a4efd0.jpg
 photo superflex_restore_14_blog_import_529f062f4ccd9_zpsde8530ce.jpg

プラサフを吹きつけます。
 photo superflex_restore_15_blog_import_529f063099981_zps0e9d4aeb.jpg

数回繰り返して、乾かします。
 photo superflex_restore_16_blog_import_529f0631dba97_zps91ae1088.jpg

そして、黒のスプレーを吹きつけます。
 photo superflex_restore_17_blog_import_529f06331fd0f_zps7d3329bc.jpg

今回は、車のボディに使うスプレーを使いました。
乾かしたら、仕上げスプレーをシュッと一吹き。

そして、英語が彫られている部分の色をマイナスドライバーではいでしまいます。
 photo superflex_restore_18_blog_import_529f0634561f5_zps6563e35c.jpg
 photo superflex_restore_19_blog_import_529f0635819f2_zpsf3c22034.jpg

取りつけ直すと、見違えたようになりました。
 photo superflex_restore_20_blog_import_529f06369bddd_zpsf86dcd63.jpg

Follow me!

Google AD


関連記事

30年前のフィルムの現像代はこんな感じでした

前回、30年前のフィルムの価格表を掲載しましたが、 フィルムの現像代も価格表がありましたので掲載し

記事を読む

メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その1〜

メイスピーという、昭和30年代に売られていたカメラがあります。 大きさはホルガの半分くらい、 重

記事を読む

アニメ『無能なナナ』葉多平ツネキチのカメラはフジフイルム“チェキ” instax mini 90 ネオクラシック!!

第4話「ヒーリング」より。 犬飼ミチル。おとなしく、クラスではいじられ役の彼女は、 他人の傷をな

記事を読む

ハロプロ・アンジュルム、笠原桃奈さんのカメラはライカM6!!

フィルムカメラを持っている 写真集の表紙が気になったので、 ちょっと見てみることにしました。

記事を読む

カメラのフィルムは「ゆうメール」で安く送れるんやで〜!

現像に出していないフィルムが少したまってきたので、 オークションにて落札した業者に現像を依

記事を読む

100円の35mmフィルムを買ってみました

ハーフサイズカメラは24枚撮りのフィルムが倍使える、 つまり48枚撮影できるんですよね。 だから

記事を読む

フィルムカメラ入門にハーフサイズカメラが最適である5つの理由

デジカメやケータイ、スマホなどのカメラで写真を撮るのが普通の時代、 ちょっと変わった写真が撮りたい

記事を読む

インスタントカメラでおなじみのチェキがついにデジタル化!

インスタントカメラの代表と言えば、以前は ポラロイドでしたが、現在はフジフイルムのチェキですね。

記事を読む

芳香剤じゃないよ! ツァイス・イコン ピコレット (Piccolette) 35mmフィルム化大作戦 その4〜小休止編〜

芳香剤じゃないよ! ツァイス・イコン ピコレット (Piccolette) 35mmフィルム

記事を読む

35mmフィルムの現像だけを頼むといくらかかる? 2011年版

現在、カメラといえばコンデジか携帯のカメラ、と デジタルが当たり前になっています。

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


    • お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      題名

      メッセージ本文


    PAGE TOP
    PAGE TOP ↑