*

炎炎ノ消防隊 ヴィクトル・リヒトのカメラもライカM6!!

Pocket

第18話「発火の極意」より。

灰島研究所の天才研究員、
ヴィクトル・リヒトが何か手がかりをつかんだようです。

この人、ジョーカーと繋がっているようなんですが、
捉えどころのないような感じで怪しい雰囲気を醸し出してますね。

写真を撮ってます。

アップのカットもありましたよ。

こ、これは……。

これも、ライカ(Leica)のM6ですね。

「これも」と書いたのは、第5話の修道院で
このカメラが使われていたからです。

カメラの性能などを知りたい方は、
下記のリンクからどうぞ。

(関連記事)
炎炎ノ消防隊 第5話にフィルムカメラ・ライカM6が登場!!

とはいえ、第5話のものとは少し様子が異なります。
それは、こちらから見て左側に灰島研究所を意味する
「HAIJIMA」という文字と、
中央の赤丸が灰島研究所の「灰」の文字になっているからです。

結構細かいところまで差別化しているところなんかは、
さすがと思います。

(amazon)
第18話を収録。

炎炎ノ消防隊 Blu-ray 第6巻
DMM pictures (2020-02-28)
売り上げランキング: 53,403

(楽天)
第18話を収録。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

炎炎ノ消防隊 Blu-ray 第6巻
価格:7121円(税込、送料無料) (2019/12/31時点)

Google AD


関連記事

海月姫(くらげひめ)に出てきたカメラ(2)

第11話「ジェリーフィッシュ・オブ・ドリームス」より。 ばんばが、コンデジを使ってビューンと自

記事を読む

劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOMEに出てきたカメラ

テレビ版が好評で2クールに延びた上、劇場版も作られた『花咲くいろは』。 今回は、主人公・緒花の母親

記事を読む

となグラ!に出てきたカメラ(1)

第3話「キリッと勇治にドッキリ香月」より。 引っ越してきた幼なじみ、勇治が高校初登校の日を迎え

記事を読む

ぎんぎつねと東京都神社庁がまさかのコラボ! 初詣はアニオタが神社を占拠か?

今日、新聞広告を見ていて驚いたのが 『ぎんぎつね』と東京都神社庁のコラボ広告が 掲載されていたこ

記事を読む

昭和元禄落語心中に出てきた三味線 (1)

第3話より。 八雲の若い頃のお話です。 一番左の女性はこんな感じで三味線を弾いています。

記事を読む

Just Because! 6.5話「ふらり、Just Because!の旅」にキヤノンのEOS M6とPowerShot G5Xが登場!!

最近のアニメでは、 本編をまとめた箸休め的なお話しとか、 番外編といった内容は「.5」話として

記事を読む

宙のまにまに(そらまに)に出てきたカメラ(5)

第12話「星空ループ」より。 天気に恵まれずなかなか星を見れずにいた天文部一同は、今夜の星に望

記事を読む

岩橋健一郎×所十三『ドルフィン』岩城美幸のラジカセはSONY CF-1980V(mk5)!

所十三という名前でピンと来た方、 週刊少年マガジンで連載されていた 『特攻(ぶっこみ)の拓』の読

記事を読む

仮面ライダー剣(ブレイド)に出てきたカメラ(2)

第22話「闇からの脱出」より。 相川始が、ようやくカメラマンの見習いということで お手伝いを始め

記事を読む

ブラザーズ・コンフリクトに出てきたカメラ(2)

本編は終わってしまいましたが、 OVAに再びカメラが登場しています。 第1巻「聖夜」より。

記事を読む

Google AD


Comment

  1. ミオ より:

     ん? 京アニではありませんよね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


炎炎ノ消防隊 ヴィクトル・リヒトのカメラもライカM6!!

第18話「発火の極意」より。 灰島研究所の天才研究員、 ヴィク

炎炎ノ消防隊 第5話にフィルムカメラ・ライカM6が登場!!

第5話「開戦」より。 回想シーンが始まります。 おっと、いきな

アニメ『歌舞伎町シャーロック』シャーロックの部屋にあるスピーカーはJBL 4312シリーズ!!

KADOKAWAとProduction I.Gとの オリジナルアニメ

特撮『ワイルド7』第24話に東芝のカセットテープレコーダーKT-270EとTDKのカセットテープ「D」が登場!

第24話「バラの弾痕」より。 リーダーの飛葉が急にいなくなっ

特撮『ワイルド7』第17話にペトリの一眼レフ「PETRI FT EE」が登場!

第17話「やさぐれ非常線」より。 矢野産業の社長、大井氏の写真撮

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


PAGE TOP ↑