ウルトラマンタイガ:元宮教授のカメラはサンヨー(SANYO) Xacti DMX-CG11!!

アニメ・特撮に出てきたカメラたち
Pocket

ウルトラマンタロウの息子、タイガが活躍する
ウルトラシリーズ。

主人公の名前がヒロユキって……どうなの?

「それってあなたの感想ですよね? 感想言うのやめてもらっていいですか」とか言われそう……。

第20話「砂のお城」より。
地球人と宇宙人を判別する装置「CQ」が開発される。
外事X課からの依頼を受け、
この装置の開発者・元宮教授を護衛するE.G.I.S.。
だが、CQの存在を邪魔に思う
ヴィラン・ギルドから暗殺者の魔の手が迫り来る!!
ヒロユキたちは無事任務を果たすことが出来るのか!?
そして、元宮教授のピンチに現れた意外な人物とは一体!?(公式サイトより)

レンズを被写体に向けて解析すると、
地球人に化けていても宇宙人が判別できる装置
「CQ」を開発した元宮教授。

当然、宇宙人は快く思うはずもなく
元宮教授の身が危険にさらされたため、
民間の警備組織E.G.I.S.(イージス)に
所属するヒロユキたちが護衛することに。

元宮教授が説明しています。
液晶画面を開いて……。

屋外で実証実験。
顔認証を行い、被写体が
宇宙人であるか否かを判別します。

そして第21話「地球(ほし)の友人」より。
ついに、ヒロユキに後輩ができた!?
E.G.I.S.に入社したいとやってきた青年・田崎修。
その意気込みに試験採用としてメンバーに加えることとなったが、
宇宙人に対して過敏な反応を見せる彼に不安を覚えるヒロユキたち。
実は田崎の後ろには霧崎の影があったのだ…。
そんな中、ゴース星人がパンドンと共に現れる。
彼らの思いに、ヒロユキや田崎はどう応えるのか!?(公式サイトより)

新人の田崎に、CQの使い方を教えています。

カメラの外観がアップになりました。

そしてこちらが実際に使用しているときの様子。

これは、サンヨー(SANYO)のビデオカメラ、
Xacti(ザクティ)DMX-CG11が近いと思います。

2009年9月発売、
1000万画素静止画撮影機能、
Eye-Fi連動機能、そして
ハイビジョン動画撮影機能を
搭載したビデオカメラです。

動画も静止画も撮影できるので、
ハイブリッドな感じですかね。

どちらかというと動画の方が撮影しやすい感じです。
本体のカラーはホワイト、グリーン、オレンジなどが
ありましたが、ピンクは分解して塗装し直しているように思います。

また、レンズ上部にもヘンテコな器具がついてますが、
こちらもオリジナルで取り付けたものでしょう。

暗所に弱くてノイズが出やすい、
画質も悪くなるといった欠点があります。

このタイプのカメラは薄型でデザイン重視のため、
バッテリーの持ちが悪い。

以前このタイプのカメラを持ってましたが、
液晶は角度が簡単に変えられるから見やすいけど
設定や電源ボタンが押しにくいところにあるなど
使い勝手がいまいちなところもありました。

それと、今となってはスマホで十分という声も。
だから消えてしまったんでしょうね……。

(amazon)
↓Blu-ray Box Iを購入する

↓Blu-ray Box IIを購入する

(楽天)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウルトラマンタイガ Blu-ray BOX I【Blu-ray】 [ 井上祐貴 ]
価格:18975円(税込、送料無料) (2021/11/28時点)

Follow me!

コメント

PAGE TOP