ナショナルキッド:第3部第2話でキヤノンの8mmシネカメラ シネ8-Tが登場!!

アニメ・特撮に出てきたカメラたち
Pocket

第3部:「地底魔城」
第2回「地底魔城 第二回」より。

ある女性が8mmシネカメラで
動画を撮影しています。


後ろの背景は書き割りなのが
一目瞭然ですが、致し方ありません (笑)。

この女性、後で敵に捕まってしまうんですがね……。

拡大しました。

これは、キヤノン(Canon)の8mmシネカメラ、
シネ8-T(Cine 8-T)が近いと思います。

1956年(昭和31年)11月発売。
キヤノン初の8mmシネカメラです。
国産では1955年の瓜生精機社「シネマックス」と
エルモ社「シネエルモ」に続く3番目となっています。

2ターレット式のレンズ交換式で、
交換レンズも6本あります。

通産省のグッドデザイン賞の第1号にも
選ばれています。

最大の特徴は、キヤノンの公式サイトによれば
「レンズ連動のパララックス自動補正機構付きの
ファインダーにあり、交換レンズに連動する画角変換機構および
倍率変換機構を持つ、他に類を見ない画期的なものであった」
とのこと。

『ナショナルキッド』のスポンサーはナショナルでしたが、
当時は8mmシネカメラは製造していなかったようで
キヤノンのものが使われたのだと思います。

(amazon)
DVDボックス(デジタルリマスター版)

サウンドトラック(CD)

(楽天)

Follow me!

コメント

PAGE TOP