*

アンパンマンの作者・やなせたかしとロカビリーの意外な接点とは?

公開日: : 最終更新日:2020/04/14 ロカビリー

Pocket

アンパンマンの作者・やなせたかしさんが94歳でお亡くなりになりました。
いろいろなニュースで取り上げられているので今更感はありますが、
当ブログではアニメ、カメラ、音楽を中心に取り上げているので
今回は「ロカビリー」と意外な接点があったことを書いてみようと思います。

やなせたかしさんと音楽との関わりを考えると、
「手のひらを太陽に」が有名ですが、これが放送されたのは1962年。
ロカビリーが流行したのはそれよりも前になります。

1953年に三越を辞めた後、専業漫画家になるもなかなか芽が出ず、イラストを描く傍らいろいろな仕事をしていました。そのひとつが、週刊誌のインタビュアー兼イラストレーターという仕事でした。

ロカビリーが日本で爆発的にヒットしたのは1958年2月の日劇ウエスタン・カーニバルであることはよく知られていますが、それよりも2年前に既に日本ではロカビリーを歌って爆発的に人気になっていた歌手がいました。

それが、元カントリー・バンド、ワゴン・マスターズのボーカルを担当していた小坂一也です。エルヴィスのデビューと同じ年に「ハートブレイク・ホテル」をカバーして大ヒット、紅白歌合戦にも出場する人気ぶりでした。

小坂一也の人気が出すぎて、ワゴン・マスターズが単なるバックバンドになってしまい、歌謡曲も歌うようになるとバンドの方はお払い箱になってしまいましたとさ。トホホ(写真は小坂一也後援会、第1回の会報です)

rockabilly_yanase_kosaka_01_blog_import_529f1a2664b14

ワゴン・マスターズは以前のエントリーでも取り上げたとおり、
メンバー加入→卒業を繰り返すバンドとしても有名でした……。

AKB48みたいにメンバー加入→卒業を繰り返すグループは半世紀以上前から存在していた

実はこの頃、やなせたかしさんは人気絶頂の小坂一也にインタビューした記事が週刊誌に掲載されていました。

1956年の週刊東京に掲載された「天与の美声 小坂一也」という記事です。
小坂一也と三橋三智也を比較したもので、小坂一也のインタビューを中心にまとめられています。
それがこちら。

rockabilly_yanase_kosaka_02_blog_import_529f1a27e6072

うーん、うまい!
木訥とした感じが良く出ていますね。

rockabilly_yanase_kosaka_03_blog_import_529f1a295df01

そういえば、三橋三智也といえば「リンゴ村から」「哀愁列車」なんかが知られてますけど、この歌をよく知っているのは60代以上のはず。それよりも年下の人には、スナック菓子「カール」のカールおじさんの曲「いいもんだぁなぁ〜 ふるさとぉ〜は〜」だと思い出す人が多いでしょう。

この歌、一番はじめに歌っていたのは三橋三智也ではなくて、
寺本圭一さんというカントリー歌手でした(写真は明治製菓のHPより)。

rockabilly_yanase_kosaka_04_blog_import_529f1a2b32957

実はこの寺本さん、小坂一也さんの先輩に当たる方なんですね。
昔、インタビューさせていただいたことがあるんですが、
テンガロンハットをかぶり、カントリーソングを
こよなく愛していることがよく伝わってきました。
いろんなところでつながってるんですねー。

(amazon)
メイド・イン・オキュパイド・ジャパン
メイド・イン・オキュパイド・ジャパン
何のために生まれてきたの? (100年インタビュー)
何のために生まれてきたの? (100年インタビュー)

(楽天)

【送料無料】決定盤 青春の小坂一也全集

【送料無料】決定盤 青春の小坂一也全集
価格:3,500円(税込、送料別)

Follow me!

Google AD


関連記事

音楽とDiana Miniのカラー相性診断だと、ロカビリーには黒が似合うそうです

ダイアナ・ミニ(Diana Mini)という、35ミリフィルムで使える ダイアナカメラがありますが

記事を読む

ロカビリー+ヘヴィ・メタル=ヴォルビート (Volbeat) が熱い!

近年、またロカビリーが少しずつ復活し始めています。 Outlaw Gentlemen &

記事を読む

連想ゲーム:マック (Macintosh) からロカビリーにたどり着けるか?

(Apple II、写真はWikipediaより) 前回、連想ゲーム:バナナからロカビリー

記事を読む

ラッパー=高学歴といわれてるけど、ミュージシャンは遥か昔から高学歴だった

ラッパーはストリートの悪、チンピラ=低学歴というイメージがつきものですが、 日本では少々事情が違う

記事を読む

スウェーデンのロカビリー・バンド、ロケット・オーヴァードライヴがデビュー

ロケット・オーヴァードライヴというロカビリー・バンドが デビューアルバムをリリースしました。

記事を読む

AKB48みたいにメンバー加入→卒業を繰り返すグループは半世紀以上前から存在していた

AKB48のセンター、前田敦子が卒業した、ということで 涙したファンも多かったかと思います。 A

記事を読む

ドイツのロカビリーバンド、ベースボールズがヨーロッパでヒット中

ロカビリーは日本では1950年代後半、1980年代前半、 そして1990年代前半に盛り上がりました

記事を読む

迷い猫オーバーラン!の洋菓子店「ストレイキャッツ」と同じ名前のバンドが実在する件

今回は、アニメ・特撮・映画に出てきた洋楽たち〜『迷い猫オーバーラン!』編となります。 ストーリーと

記事を読む

ブライアン・セッツァーのライヴに行ってきました!

 2006年10月28日(土)夕方5時開演、東京厚生年金会館にてブライアン・セッツァーのライヴが

記事を読む

哀愁あるメロディがウリのロシアのロカビリー・バンド「ガガーリン・ブラザーズ」

ロシアのロカビリー・バンドはひと味違う……そんな感想を持ってしまいました。 そのバンドの名は、ガガ

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


特撮『仮面ライダーカブト』天道総司が使っていたラジカセはAIWA CSD-EL300!!

後に小説『KAGEROU』が問題作品となった 水嶋ヒロが主演した平成

hololive IDOL PROJECT Mori Calliope「end of a life」のジャケットに出てきたカメラはポラロイド製Polaroid Originals 9015 Polaroid OneStep!!

気になるジャケットを見つけました。 私のブログで気になるジャケットと

特撮『仮面ライダーリバイス』第5話でニコンの一眼レフカメラD70(D70s)が登場!!

前作がシリアス路線でいまひとつな出来だったので、 今回は電王に近いコ

特撮『ナショナルキッド』第1部第6話でナショナルのポータブルラジオ T-11が登場!!

第1部:「インカ族の来襲」 第6回「危うしナショナルキッド」より。

アニメ『RE-MAIN』(リメイン) 網浜秀吾が使っているBluetoothスピーカーはJBL XTREME2!!

事故で記憶を失ってしまった天才水球選手が、 進学先の弱小水球部がある

→もっと見る

    • お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      題名

      メッセージ本文


    PAGE TOP
    PAGE TOP ↑