*

アニメと特撮に出てきたカメラを200機種特定して、わかったこと(1)

公開日: : 最終更新日:2020/09/13 アニメ・特撮に出てきたカメラたち, アニメ/动画/Anime

Pocket

このブログでは「アニメと特撮に出てきたカメラを特定する」という
何ともマニアしか注目しそうにない話題を取り上げ続けてきました。
先日、作品数と特定できたカメラの数が200を超えたので
まとめの意味を込めて
「アニメと特撮に出てきたカメラを200機種特定して、わかったこと」を
書いてみようと思います。今回はアニメについてです。

カメラがリアルに描かれるようになった

まず第一にわかったことは、
「カメラ本体が、昔と比べてはるかにリアルに描かれている」
ということ。
そんなの当たり前やろー! と言われそうですが、
まずは事実をしっかり確認することから始めるのが大切です。

それでは、40年ほど前の作品を見てみましょう。
『魔女っ子メグちゃん』(1974-75年)
anime_camera_200_matome05_3e8b406c75d232478b65-LL

『チャージマン研!』(1974年)
anime_camera_200_matome06_0eb08276cb167a7a03f6-LL

『グレートマジンガー』(1974年)
anime_camera_200_matome07_928c6d984c9279105478-LL

そしてこちらは最近のカメラ。
『B型H系』(2010年)
anime_camera_200_matome08_4e74bf81283815e6d3cb-LL

『RAINBOW -二舎六房の七人-』(2010年)
anime_camera_200_matome09_3c936f8aa839441e215b-LL

『フォトカノ』(2013年)
anime_camera_200_matome10_57a74bd2132a1b4061f5-LL

描写力の違いは一目瞭然ですね。
なぜこれだけの違いが生まれたのか。簡単にいえば、
セル画からパソコンによるデジタルペイントに移行した、というテクノロジーの進化が大きいと思います。
これにより、より細かな描写が可能となりました。

細かな描写が可能になるほど、リアリティが増す。
リアリティが増すということは、現存するカメラに近くなっていくということです。
これまでは、カメラのように小さくてボタンや突起物がいっぱいある小道具は、
描くのが面倒なので敬遠される傾向にありました。

現在でも、いい加減に描いているものもたくさんありますし、
動かすのが大変ということもあり、ほんの一部にしか登場しないことが多いです。

カメラ描写のリアリティが増して実現したこと

しかし、こうしてリアリティが増したことで実現できることが増えました。

それは、本編(ストーリー)や設定にカメラという小道具を絡めやすくなったのです。
いくつか例を挙げてみましょう。

『けいおん!』(2009年)
コンパクトなフィルムカメラ、LOMO LC-Aが登場。このカメラは、
秋山澪が好んで使っているという設定になっています。
anime_camera_200_matome11_b9aa450e5b55e99097cb-L

『B型H系』(2010年)
写真部に入っている小須田はカメラ好きで、
いつもカメラを持ち歩いていて写真を撮っています。
anime_camera_200_matome12_4ab1dad5cc8f05c8d505-LL

『たまゆら〜hitotose〜』(2011年)
主人公のぽっては、父親の形見であるローライ35Sで撮影するのが大好きです。
anime_camera_200_matome13_23381639920f60f8c4e9-LL

『フォトカノ』(2013年)
主人公の前田一也は、父からもらったデジタル一眼レフを使って、
写真を撮り始めるようになりました。
anime_camera_200_matome14_f870ab698acd588a5996-LL

このように、「写真が趣味」というキャラクターを登場させることが
容易になったことで、本編(ストーリー)にも写真を撮るシーン、
写真を通じて物語を展開していくことができるようになった
んですね。

1960〜70年代は、カメラ好きの主人公が活躍するアニメって、
ほとんど無かったのではと思います
(ただし、すべてのアニメを見たわけではないので断言できませんが)。
カメラの登場シーンにしても、
記念撮影、スパイ、フラッシュで敵の目をくらます、
アイドルや女性の水着、パンチラを撮るといった程度の使われ方でした。
キャラクターやストーリーにカメラが深く関わるようになる、という傾向が
顕著になっていくのは、先ほど述べたように
セルアニメからデジタルペイントに移行し、定着していった時期と重なります。
2000年代初頭あたりからといったところでしょうか。

『おねがい☆ツインズ』(2003年)
anime_camera_200_matome15_c51fcbf0a8040e1e895d-LL

anime_camera_200_matome16_cc1f26cb6cf76d5c9b1b-LL

日常生活とカメラとの関わりの変化

それから忘れてはならないのは、カメラと私たちの生活との関わりが
大きく変化してきた
、ということ。

アニメだけ見ていると気がつかないので要注意です。
ここ半世紀ほどのカメラの歴史を簡単に紐解くと、高性能な大型カメラと、
コンパクトだけど機能に制約のある小型カメラの2種類に大きく分かれて
進化してきました。

こちらは極端な例ですが、上はマミヤのRB67と
下は『けいおん!』の澪が持っているLOMO LC-A(初代)。
どちらもフィルムカメラですが、使っているフィルムの大きさも違います。

anime_camera_200_matome17_0413a897ecf18de58dcf-LL

一般的には、小さくて持ち運びに便利、値段も一眼レフよりもずっと安い
コンパクトカメラが使われていましたね。
昔はデジカメがないから、当然フィルムを使っていました。
当時はフィルムの値段も高く(今は使う人が少なくなったので高くなっていますけど)
フィルムの代金+現像・プリント代がかかりましたから、
今のデジカメや携帯・スマホみたいにパチパチ撮れなかったんですね。
それに、コンパクトカメラではマクロが使えない機種がほとんどなので、
お弁当とか雑貨とかを気軽に寄って撮ることもできませんでした。

そうなると、カメラが使われる場所は旅行、思い出作りのための記念写真、
水着写真を撮るくらいの使われ方しかなかったといえます。
では、現在はどうかというと、コンデジも小さいし、

携帯やスマホでは容量が許す限り
いくらでも、好きなときにパチパチ撮れます。
気に入らなければ消せばいいし、プリントしなければ現像代もかからない。
最新の携帯やスマホの価格はそれほど安くはありませんが、
中古なら格安で、コンデジも5000円くらいから買えます。

つまり、テクノロジーの進化と低価格化によって、
誰でも日常生活のいたるところでカメラを使えるようになったわけです。

そしてもうひとつ重要なのが、テクノロジーの進化による
カメラ、写真のあり方についての考え方の変化
が挙げられます。
現在に至るまで、「きれいに、正確に写すことが重要」をスローガンに
カメラは進化してきました。ぼやけてる、ブレてる、周辺が流れてる
写真は論外、というのが基本でした。

しかし、今ではきれいな写真が撮れるのは当たり前となってしまったので、
今度はその反動として「ゆるい」写真が見直されるようになったんです。
ブレてても、発色がおかしくても面白ければいいじゃないか、というのが
トイカメラのブームにもつながりました。

『けいおん!』の澪が持っているLOMO LC-A(初代)なんかが
そのよい例です。

しかし、今でも写真好きの60代以上の人にトイカメラで撮った写真を見せると
「こんなの写真じゃないだろ!」と一蹴されることが多い。

昔は技術や価格の問題があってキレイで正確な写真を撮ることが難しかったので、
ゆるい写真は邪道、という考え方が主流なんですね。
しかし、現在はこういう写真も「アリ」という価値観に
徐々に変化してきています。

こうしたことも、プロではないアマチュアの人々が
大量にカメラを始めることができるようになった理由のひとつといえます。
ファッションで持ち歩くか、携帯やスマホで撮っていることが多いので、
カメラを使っているという感覚が減っている気がしますね。

それだけ日常生活に密着するようになったということかもしれません。
こういったことから、日常生活に深く関わるようになったため、
アニメ作品にも影響を及ぼす下地ができてきたわけです。
さらに、SFなどと違う人々の日常を描いた「日常系」といわれる

アニメの隆盛もあって、近年ではアニメにカメラが頻繁に登場するようになった
というわけです。

ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで。
こうしたアニメでカメラのリアルな表現が可能となり、
キャラクター、ストーリーにカメラが絡むようになったことで、
アニメとカメラの関わりはどうなるのか、といった考察は次回に行います。↓
アニメと特撮に出てきたカメラを200機種特定して、わかったこと(2)

(amazon)
けいおん! 初回版全7巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
けいおん! 初回版全7巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
フォトカノ ZOOM 1 [PS Vita「フォトカノ Kiss」用 スペシャルDLC「花水着 遙佳の桃色スイートピー」 「花水着 桃子のピンクピーチ」 /ED「スマイルF」"うたカノ♪二 年生ヴァージョン"CD付] [Blu-ray]
フォトカノ ZOOM 1 [PS Vita「フォトカノ Kiss」用 スペシャルDLC「花水着 遙佳の桃色スイートピー」 「花水着 桃子のピンクピーチ」 /ED「スマイルF」"うたカノ♪二 年生ヴァージョン"CD付] [Blu-ray]
(楽天)

関連リンク:
アニメ・特撮に出てきたカメラ〜取り上げた作品数と特定したカメラが200を超えました!
アニメと特撮に出てきたカメラを200機種特定して、わかったこと(1)
アニメと特撮に出てきたカメラを200機種特定して、わかったこと(2)

Follow me!

Google AD


関連記事

未確認で進行形に出てきたカメラ

移転後の初エントリーは『未確認で進行形』です。 主題歌OP「とまどい→レシピ」のMVに、 一瞬、

記事を読む

けいおん!! に出てきたカメラ(4)

第3話「ドラマー!」より。 先日、この回のカメラを特定して下さいとのリクエストを頂きましたので

記事を読む

Another(アナザー)第9話にソニーのカセットテープCHFとデンスケが登場!!

最近、アニメでソニーとCHF人気が出ているようで、 ちょっと面白いと思ってこのエントリーを書きまし

記事を読む

未確認で進行形に出てきたラジカセ

いつもはカメラを特定してますが、今回はオーディオ編です。 これまで、東映版スパイダーマンやTARI

記事を読む

けいおん!! に出てきたカメラ(1)

『けいおん!』が大好評で、ついに始まった第2期『けいおん!!』。 第2話「整頓!」より。 軽

記事を読む

コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜に出てきたカメラ

第3話「鉄骨のひと」より。 連続爆破事件を解明しようと 超人課たちが動いていました。

記事を読む

昭和元禄落語心中に出てきたカメラ

第5話より。 菊比古と助六たちは、素人同然の集団であるものの、 小屋を借りて芝居をすることに。

記事を読む

たまゆら〜卒業写真〜に出てきたカメラ

OVA完結編編として制作が進んでいる 『たまゆら〜卒業写真〜』。 個人的には、花火の件以来ア

記事を読む

バトルフィーバーJに出てきたカメラ(1)

第4話「超魔力の罠だ!」より。 念写の達人、ベンガルの虎 (笑)が来日しました。

記事を読む

カメラ好き声優・南條愛乃さんが自慢のカメラを披露!

これまで、何度かエントリーで カメラ好き声優の南條愛乃さんを取り上げてきました。 プロフィールは

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


アニメ『迷宮ブラックカンパニー』ワニベのカメラはポラロイド(Polaroid )のOne Stepと現行機種Polaroid OneStep+ i-Typeの合わせ技!!

センハケ(『戦闘員、派遣します!』)に近い 主人公がとっても軽いノリ

アニメ『探偵はもう、死んでいる』第1話に出てきたカメラはキヤノンEOS X9i !!

第1話「お客様の中に、探偵の方はいらっしゃいませんか?/開幕、青春ラブ

アニメ『SSSS.DYNAZENON (ダイナゼノン)』鳴衣のカメラはニコンD80!!

ウルトラマンだけではなく、 円谷プロの新しい路線を切り開いたアニメ。

アニメ『ワンダーエッグ・プライオリティ』第7話にSONY WALKMAN用スピーカー、RDP-NWR100 ピンクが登場!!

第7話「14才の放課後」より。 リカの誕生日を祝うために集まった

アニメ『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』第11話にラジオ「放送局型受信機123号」が登場!!

時は、明治64年。 舞台は、徳川慶喜が絶対権力を維持し続けている、も

→もっと見る

    • お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      題名

      メッセージ本文


    PAGE TOP
    PAGE TOP ↑