*

音楽とDiana Miniのカラー相性診断だと、ロカビリーには黒が似合うそうです

公開日: : 最終更新日:2014/02/19 ロカビリー , , , , , ,

Pocket

ダイアナ・ミニ(Diana Mini)という、35ミリフィルムで使える
ダイアナカメラがありますが、その広告でこんなキャッチフレーズを見つけました。
「ロカビリー、カントリー、ブルース」
いつだってブラックに身を包み、多才で影響力がある…まるでJohnny Cash のように。まるでDiana Mini Petite Noire のように!

 photo rockabilly_diana_mini_01_blog_import_529f19b431970_zpsed1fa45a.jpg

いろんな音楽ジャンルとダイアナ・ミニの説明がある中、
ロカビリー、カントリー、ブルース」だけが、ジョニー・キャッシュと具体的な
アーティスト名を挙げて解説していますね。
ただ、ブルーはインディーズというよりも、テクノの方が似合っているように思います。
でも、なぜロカビリー、カントリー、ブルースは黒なんでしょう?
ブラック・ミュージックの影響が色濃いからでしょうか……。

Diana Mini & Flash PETITE NOIRE 並行輸入品
Diana Mini & Flash PETITE NOIRE 並行輸入品

Google AD


関連記事

AKB48みたいにメンバー加入→卒業を繰り返すグループは半世紀以上前から存在していた

AKB48のセンター、前田敦子が卒業した、ということで 涙したファンも多かったかと思います。 A

記事を読む

迷い猫オーバーラン!の洋菓子店「ストレイキャッツ」と同じ名前のバンドが実在する件

今回は、アニメ・特撮・映画に出てきた洋楽たち〜『迷い猫オーバーラン!』編となります。 ストーリーと

記事を読む

スウェーデンのロカビリー・バンド、ロケット・オーヴァードライヴがデビュー

ロケット・オーヴァードライヴというロカビリー・バンドが デビューアルバムをリリースしました。

記事を読む

荒川アンダーザブリッジに登場するビリーが「ロカビリー」だった件

第103話「ビリーとジャクリーン」より。 ジャクリーンがビリーに愛の言葉をささやいています。

記事を読む

ブライアン・セッツァーのライヴに行ってきました!

 2006年10月28日(土)夕方5時開演、東京厚生年金会館にてブライアン・セッツァーのライヴが

記事を読む

哀愁あるメロディがウリのロシアのロカビリー・バンド「ガガーリン・ブラザーズ」

ロシアのロカビリー・バンドはひと味違う……そんな感想を持ってしまいました。 そのバンドの名は、ガガ

記事を読む

英国のロカビリー・バンド、カルロス&ザ・バンディドスのニューアルバムが発売されました

イギリスで1995年結成、ポール・キャッツのボズとも親交があるバンドです。 メンバーはカルロス(V

記事を読む

アンパンマンの作者・やなせたかしとロカビリーの意外な接点とは?

アンパンマンの作者・やなせたかしさんが94歳でお亡くなりになりました。 いろいろなニュースで取り上

記事を読む

渋谷ヒカリエの東急シアターオーブでロカビリーのミュージカル「ミリオン・ダラー・カルテット」を上演!!

渋谷のヒカリエがオープンして少し経ちますが、 ホームページを見ていたらなにやら見慣れた楽器編成の写

記事を読む

ドイツのロカビリーバンド、ベースボールズがヨーロッパでヒット中

ロカビリーは日本では1950年代後半、1980年代前半、 そして1990年代前半に盛り上がりました

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


[懐] 宙のまにまに アフタヌーン付録 蒼栄高校天文部入部案内DVDを入手したよ!!

先日、こんなDVDを入手しました。 月刊アフタヌーン2009年8月号

アルピニスト・野口健さんのカメラはニコンFM2!

野口健さんといえば、25歳でエベレスト登頂に成功し、 七大陸

有頂天家族2 ひな壇にカメラを飾る─その発想はなかったわ (笑)!

第10話「偽右衛門の決まる日」より。 蛙の姿から元に戻った矢二郎

トクサツガガガ 第10巻に出てきたカメラはPowerShot SX710 HS!

主人公の仲村 叶は普通のOLですが、実は特撮オタク。 職場では女子力

インスタントカメラでおなじみのチェキがついにデジタル化!

インスタントカメラの代表と言えば、以前は ポラロイドでしたが、現在は

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


PAGE TOP ↑