*

イルフォードがアナログ写真から撤退、アナログ写真は贅沢品に

公開日: : 最終更新日:2014/04/29 トイカメラ

Pocket

20131002_ilford_tettai_blog_import_529f18e2dbdcd

(写真はWikipediaより)

イギリスの写真用品メーカーで、モノクロフィルムや
モノクロ現像にかけてはピカイチのイルフォードが、
アナログ写真から撤退するそうです。

光化学を断念するイルフォード やがて贅沢品になるアナログ写真

この記事によると、
イルフォードは再建のためリストラなどいろいろと手を尽くしたけど、
創業から125年目でついにアナログ写真から撤退することになったとのこと。

デジタルカメラの急速な普及で、印画紙に出力する機会が
極端に減ってしまったことが大きな要因といわれています。
しかし、気になったのはこの記事の見出し。
「やがて贅沢品になるアナログ写真」、
でもアナログ写真って、昔から贅沢品じゃなかったっけ?
という疑問がわいてきました。

アナログ写真は、フィルムカメラで撮影→現像→印画紙出力(プリント)
という行程を踏むわけですが、日本でフィルムカメラが普及するのは
1960年代後半以降のこと。

1950年代末〜60年代後半辺りにかけて一世を風靡した
ハーフサイズカメラは、フィルムが高かったから35ミリの半分の画角で
撮影することで、最大72枚まで撮影できたのがウリでした。
というのも、当時はフィルムが高かったからです。

1960年代後半以降はカメラの値段も下がり、フィルムの値段も下がり、
といった感じでプリント代金も昔ほど高くはなくなりました。

ということは、アナログ写真が安くなってきたのってここ半世紀くらいの話
なんですよね。大昔の話や本を読んだりすると、カメラを買うか、家を買うか
なんていう話がまじめに書いてありましたから。

昔は写真を撮るにはフィルムしかなかったので、
カメラの普及に伴って安くなっていったわけですが、
これからは美術館とか博物館といったところで
細々と技術を残していくしかないように思いますね。

印刷自体は無くなることはないので、特殊な印刷や
芸術性の高い、もしくは長期間の保存ができるといった
技術を売り込んでいく、もしくは黄金持ちの方々に向けて
フィルム写真のサークルみたいなものを作って売っていくとか。

いずれにしても、これからは厳しい商売になりそうですね。
デジタルフォトフレームがあれば、デジカメ等のデータから
直接フレームに表示できるから、印画紙なんていらないもんなぁ。
家庭用ならそれで十分だし。

かくいう私も、フィルムで撮影するという以前に、
外に出る機会がめっきりと減ってしまったのと(土日も仕事)、
現像代が高いのでフィルム撮影は控え気味にならざるを得ないのが
歯がゆい感じですね。あとはチェキだけが頼りか…… (笑)。

そういえば去年まで何の音沙汰もなかったLomographyから、
急に宣伝メールがバンバン来るようになりました。
LOMOとHOLGAのブームが去ってしまったから
売り込みに必死なんだなぁ。

最後の大きな波は、ポラロイドのSX-70とかLOMO LC-A、HOLGAの
人気が高かった2000年代初頭から、リーマンショック前の
2007年あたりにかけてでしょうか。

それ以降はカメラ日和とかでもデジタルばっかりになってしまって
フィルムはどんどん隅っこに追いやられている感じですね……。

Google AD


関連記事

ゆるカメ 始めました

最近、『カメラ日和』とかを見るにつけ、 カメラのおもしろさにはまりそうな感じです。 家に

記事を読む

メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その4〜

ボルタ判カメラは、フィルムに裏紙がついていました。 撮影後に、裏窓を見ながら紙に書かれた番号を表示

記事を読む

ホームセンター遠かった 初代フジペット修理大作戦 (2)

(前回のお話)お兄さんも負傷兵 初代フジペット修理大作戦 (1) 道具が足りないことがわかった

記事を読む

芳香剤じゃないよ! ツァイス・イコン ピコレット (Piccolette) 35mmフィルム化大作戦 その1〜35mm用に改造しよう〜

ツァイス・イコンが製造したピコレットというカメラ、 でも、検索すると出てくるのはトイレ用の芳香剤ば

記事を読む

ジャンクな二眼レフ・スーパーフレックスをレストア (分解修理) する!(1)

今から半世紀以上前、美光堂というメーカーから発売された スーパーフレックスという二眼レフがあります

記事を読む

芳香剤じゃないよ! ツァイス・イコン ピコレット (Piccolette) 35mmフィルム化大作戦 その7〜パーフォレーションまでくっきりと〜

35mmで撮影したフィルムの現像が上がってきましたよ。 ジャーン! フィルムのパーフ

記事を読む

ジャンクな二眼レフ・スーパーフレックスをレストア (分解修理) する!(3)

今回は、フィルムを巻き上げるノブをレストアします。 ノブ部分は自作できないので、たまたま別の二眼レ

記事を読む

インスタントカメラでおなじみのチェキがついにデジタル化!

インスタントカメラの代表と言えば、以前は ポラロイドでしたが、現在はフジフイルムのチェキですね。

記事を読む

試しに写真を撮ってみた パウファ・スタート (Pouva Start)

修理したパウファ・スタート、早速試し撮りです。 なにやら「ほんわかした」写真が撮れてました。

記事を読む

バネが取れたぁ! ツァイス・イコン ピコレット (Zeiss Ikon Piccolette) を修理する!

今となってはなかなか手に入らない、ベスト判フィルムを使うピコレット。 35ミリフィルムを詰め替えて

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


[懐] 宙のまにまに アフタヌーン付録 蒼栄高校天文部入部案内DVDを入手したよ!!

先日、こんなDVDを入手しました。 月刊アフタヌーン2009年8月号

アルピニスト・野口健さんのカメラはニコンFM2!

野口健さんといえば、25歳でエベレスト登頂に成功し、 七大陸

有頂天家族2 ひな壇にカメラを飾る─その発想はなかったわ (笑)!

第10話「偽右衛門の決まる日」より。 蛙の姿から元に戻った矢二郎

トクサツガガガ 第10巻に出てきたカメラはPowerShot SX710 HS!

主人公の仲村 叶は普通のOLですが、実は特撮オタク。 職場では女子力

インスタントカメラでおなじみのチェキがついにデジタル化!

インスタントカメラの代表と言えば、以前は ポラロイドでしたが、現在は

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


PAGE TOP ↑