*

超次元ゲイム ネプテューヌに出てきたカメラ

Pocket

第6話「ラステイションの秘密」より。

 photo choujigen_game_06_01_blog_import_529f14b89dd63_zpscf4fecf2.jpg

ノワールが盗撮されていた、という衝撃の事実を知った本人は、
恥ずかしい写真を見せられて思わず赤面しています。
 photo choujigen_game_06_02_blog_import_529f14b9ced3b_zps99bb6dde.jpg

これって『けいおん!』のあ○にゃんコス……?
 photo choujigen_game_06_03_blog_import_529f14bb4036c_zps02f0b492.jpg

他にもいろいろ恥ずかしい写真が出てきましたよ……。
 photo choujigen_game_06_04_blog_import_529f14bc599be_zpsa54ac1ff.jpg
 photo choujigen_game_06_05_blog_import_529f14bd5eb93_zps92e76b21.jpg

この赤面したノワールを撮影しています。
 photo choujigen_game_06_06_blog_import_529f14be5ff25_zps7042ecd9.jpg
 photo choujigen_game_06_07_blog_import_529f14bfa4028_zps09ff92aa.jpg

どうやらインスタントカメラのようです。
 photo choujigen_game_06_08_blog_import_529f14c0b1f4c_zps22dde6ca.jpg

これは、
フジフイルムのチェキ instax mini 8 イエローだと思います
(写真はフジフイルムの通販サイトより)。
 photo choujigen_game_06_09_blog_import_529f14c234fec_zps04dcaf7f.jpg

よく見ると、ファインダーと二つの丸ぽちの位置が逆になっています。
昔はインスタントカメラといえばポラロイドでした。
ポラロイドのフィルムは別のメーカーが生産を引き継いでいるものの、
高すぎるのと質にムラがあるので到底手が出ないのが現状です。
そのため、今はインスタントカメラといえばチェキ、となってます。
フィルムを見てみると、だいたい1枚撮影するのに60円くらい。
ポラロイドは200円以上しますから、比較になりませんわ。

(amazon)
超次元ゲイム ネプテューヌ Vol.3 [Blu-ray]
超次元ゲイム ネプテューヌ Vol.3 [Blu-ray]
FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini  イエロー INS MINI 8 YELLOW
FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini イエロー INS MINI 8 YELLOW

(楽天)

Google AD


関連記事

Black Lagoonに出てきたカメラ

第23話「Snow White's Payback」より。 凄惨な事件現場を撮影しています。

記事を読む

マンガ家さんとアシスタントさんと に出てきたカメラ

第6話「温泉に行こう!」より。 萌えアニメにありがちな「温泉回」です。 愛徒勇気(あいと・ゆ

記事を読む

タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜に出てきたカメラ

タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜という タイトルは長いので、「タイトラ」でい

記事を読む

タユタマに出てきたカメラ

第9話「硝子の向こう」より。 応龍を退けた裕理とましろは、久々の平穏な日常を過ごしていた。裕理

記事を読む

宙のまにまに(そらまに)に出てきたカメラ(5)

第12話「星空ループ」より。 天気に恵まれずなかなか星を見れずにいた天文部一同は、今夜の星に望

記事を読む

昭和元禄落語心中に出てきた三味線 (1)

第3話より。 八雲の若い頃のお話です。 一番左の女性はこんな感じで三味線を弾いています。

記事を読む

けいおん!! に出てきたカメラ(1)

『けいおん!』が大好評で、ついに始まった第2期『けいおん!!』。 第2話「整頓!」より。 軽

記事を読む

半分の月がのぼる空に出てきたカメラ(3)

第6話「僕たちの両手は」より。 「多分、お前にとっちゃ最悪の結末だ。」  里香の手術を終えた

記事を読む

小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜に出てきたカメラ

正確には、小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜の舞台挨拶が収録された映像特典に出て

記事を読む

昭和元禄落語心中 助六再び篇に登場したカメラはフジフイルムの初代写ルンです!!

昭和元禄落語心中 助六再び篇第1話より。 バブルのまっただ中、 主人公の与太郎は師匠の名前で

記事を読む

Google AD


Comment

  1. ミオ より:

     ポラロイドカメラは最初は憧れでした。撮影してすぐに写真が印刷されるなんて凄いと思ったものです。でも後に(直に見たのかは覚えていませんが)ポラロイドカメラの写真が綺麗ではないのを知り興味が失せました。
     結局それから今日に到るまで、ポラロイドカメラと縁が無いまま終わってしまいましたわ。一度くらい使ってみたい気持ちはあったのですがね。
     チェキは今 流行っているみたいですね。店頭で見かけますがこれも実際に買ったり使った事はありません。

  2. anicame_admin より:

    ミオさん
    書き込みありがとうございます!
    そうですね、ポラロイドの利点は
    スタジオなんかで試しに撮影して、
    光の加減とか構図なんかを確認するのに
    よく使われていたそうです。
    ですので、撮影したものをすぐに確認できればよくて、
    画質は二の次だったのではないかと思います。
    ただ、トイカメラだとあのぼやけた感じが
    いい味を出していたことと、SX-70のギミックが
    受けていたのだと思います。
    チェキはグラビアアイドルや声優のイベントで
    CDやDVDを買ってくれた人が一緒に撮影してもらう、
    という形でよく使われてますね。
    一点物ですし、これにサインがついてきたら
    一生者のお宝になるのではないかと (笑)。
    うまくできてますね。

  3. どもども。
    ポラといやあ思い出すのは
    ニコンF4等の一眼レフ用として売り出されてた
    社外品のポラロイドバックとか
    ヤシコンマウントのポラカメラたるコンタックスプレビューあたりですね。
    (あとはマミヤとかハッセルあたりも純正オプションとして
    ポラバックを出してたような記憶が)
    こういう一眼レフ用ポラバックとか
    コンタックスプレビューはかんりにん様の指摘通り
    本番前のテスト撮影目的で用いられてたそうです。
    今ならデジカメで何度でも撮り直しが効きますけど
    当時は失敗の許されない一発勝負でしたからね。
    α-7000とかF-501とかEOS650、SFXあたりが主力張ってて
    α-7700iやF-801やF4、初代EOS-1が登場したあたりの頃から
    写真趣味やってる間もなく40のおっさんから見ても
    時代は変わったもんだなーって感じがします。
    (オートブラケットや動体予測を乱用出来るようになったり
    時間帯で感度を自在に変更出来たりなんて当時から考えりゃ夢みたいな話ですし)
    あとポラSX-70といやあ
    川崎のSWEETROADさんって店が相当強いみたいですね。
    (HP見る限りローライ35系も結構な品揃えだったりします)
    月末に川崎産業振興会館でたまゆらオンリーイベントがあるんで
    そのついでに覗いてみようかなと思ってたりしますw
    って事で今回はこの辺で、でわ!!
    追記
    土曜に西武ドームでかやのん撮ってから
    大崎のサヨナラヒット見届けて来たぜぃ!!!w

  4. anicame_admin より:

    ビッグしょー@雪色の流星さん
    書き込みありがとうございます!
    思い出しました、ポラパックなるものも
    ありましたね〜。
    マミヤRB67とか、トイカメラのホルガにも
    ありました。ただ、あれはインスタントフィルムでも
    ピールアパートタイプ(引き剥がし式)でしたね。
    当時はフィルムだったので、現像してみないと
    結果がわからなかったんで、ポラは重宝されてました。
    フィルムもあり得ないほど枚数を撮るので、
    今では考えられないような金額になってましたね……。
    SWEETROADは、何年も前からSX-70とかを
    押してたんですが、最近はさすがにポラロイドも
    フィルムが高くなりすぎて使う人が激減。
    たまゆら高価でローライ35Sなんかが売れてるのではないかと
    勝手に考えてみたり (笑)。
    川崎でもたまゆらイベントあるんですか!
    神奈川県と広島県でかなり盛り上がっているのでは?
    かやのん、始球式の様子がアップされてましたね。
    腕をぐりんぐりん回して投げるかやのんが可愛いと
    もっぱらの評判でした (笑)。

  5. ミオ より:

    >たまゆら高価でローライ35Sなんかが売れてるのではないかと勝手に考えてみたり (笑)。
     たまゆらの影響で値が上がっている事を意味する『高価』と『効果』をかけているのですね。流石は深い文章です。
     実際にたまゆらを見たアニメファンが買うのでローライ35Sは値が上がったり市場で少なくなっているみたいです。
     自分は使いこなせる気が全くしないので手を出そうとは思いませんが(苦笑)。

  6. anicame_admin より:

    ミオさん
    書き込みありがとうございます!
    いやあ、実は余り読み直していなかっただけだったりして (笑)。
    ローライは普通の35を持っていて、
    あるとき公園でパチパチ撮っていたら、管理人の人が
    そろそろ閉めますので〜と声をかけてきて、
    「おや珍しい。ローライですか。私も昔、持ってたんですよ。
    小さいのによく写るんで、出かけるときにはいつも持って
    出歩いてたもんですよ」という話で少し盛り上がってしまいました。
    目測なので一眼レフみたいにピントを合わせるのは至難の業ですが、
    パチパチスナップ感覚で撮るには小さいし、その割に
    高級感があるのでいいと思いますよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


[懐] 宙のまにまに アフタヌーン付録 蒼栄高校天文部入部案内DVDを入手したよ!!

先日、こんなDVDを入手しました。 月刊アフタヌーン2009年8月号

アルピニスト・野口健さんのカメラはニコンFM2!

野口健さんといえば、25歳でエベレスト登頂に成功し、 七大陸

有頂天家族2 ひな壇にカメラを飾る─その発想はなかったわ (笑)!

第10話「偽右衛門の決まる日」より。 蛙の姿から元に戻った矢二郎

トクサツガガガ 第10巻に出てきたカメラはPowerShot SX710 HS!

主人公の仲村 叶は普通のOLですが、実は特撮オタク。 職場では女子力

インスタントカメラでおなじみのチェキがついにデジタル化!

インスタントカメラの代表と言えば、以前は ポラロイドでしたが、現在は

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


PAGE TOP ↑