*

メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その4〜

公開日: : 最終更新日:2014/02/18 トイカメラ

Pocket

ボルタ判カメラは、フィルムに裏紙がついていました。
撮影後に、裏窓を見ながら紙に書かれた番号を表示させれば
よかったのですが、その窓をふさいでしまったらどのくらい
フィルムを巻けばいいのかが分からなくなります。

巻きすぎるとコマの間隔が開きすぎてフィルムを無駄にしてしまいます。
かといって、コマが重なってしまうのはもっといけませんね。
そこで、メイスピイ135化作戦というサイトを参考にしてみました。
フィルムの送りの部分に、こんなカウンターを取り付けるというのです。
題して「ぷちぷちかうんたー」(笑)。
 photo meisupii_1a_35mm_film_makinaoshi_21_blog_import_529edd1bad4e6_zps81e5fdff.jpg

画像が小さくて分かりづらかったのですが、
簡単に言えばフィルムのパーフォレーション(四角い穴)に
尖った部分が当たってぷちぷちと音がするように設計して、
その音の回数で巻き上げを確認するという方法です。
 photo meisupii_1a_35mm_film_makinaoshi_22_blog_import_529edd1cb9a98_zps824d8a41.jpg

不要なフィルムを使って作ってみました。
こんな感じになりました。
 photo meisupii_1a_35mm_film_makinaoshi_23_blog_import_529edd1de9ca5_zps9dc08dd2.jpg

メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その1〜
メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その2〜
メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その3〜
メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その5〜
メイスピー35mmフィルム化大作戦〜メイスピー[Meisupii]はもらったー! その6〜

Google AD


関連記事

ぐんぺい 花のカーニバル すきま女子のカメラはカラーホルガ120FN!

ぐんぺい 花のカーニバルという スマホ用のパズルゲームのTVCMが 放送されていました。

記事を読む

ヤシカフレックスのフィルム圧板をレストア (修理) する!

先日、二眼レフであるヤシカフレックスのフィルム圧板に不具合が発生。 よく見てみると、圧板を

記事を読む

35mmフィルムの現像だけを頼むといくらかかる? 2011年版

現在、カメラといえばコンデジか携帯のカメラ、と デジタルが当たり前になっています。

記事を読む

ビートルズのジャケットに出てきたカメラ

CDジャケットが面白かったのでご紹介。 ビートルズの『From Us To You』の左下に注目。

記事を読む

シャッターチャンス! でもこれはひどい (笑)

記事を読む

30年前の35mmフィルムの値段はこんな感じでした

部屋を片付けていたら、古い手帳が出てきました。 1981年、今から30年前のものです。 東洋現像

記事を読む

昔のポラカメ使います ポラロイド・ランドカメラ1000 (Onestep) 活用大作戦3・接写レンズをつけてみる

NDフィルターをつけての撮影は、うまくいきました。 それだけだと物足りないと、お嘆きの貴兄に。

記事を読む

バネが取れたぁ! ツァイス・イコン ピコレット (Zeiss Ikon Piccolette) を修理する!

今となってはなかなか手に入らない、ベスト判フィルムを使うピコレット。 35ミリフィルムを詰め替えて

記事を読む

インスタントカメラでおなじみのチェキがついにデジタル化!

インスタントカメラの代表と言えば、以前は ポラロイドでしたが、現在はフジフイルムのチェキですね。

記事を読む

芳香剤じゃないよ! ツァイス・イコン ピコレット (Piccolette) 35mmフィルム化大作戦 その4〜小休止編〜

芳香剤じゃないよ! ツァイス・イコン ピコレット (Piccolette) 35mmフィルム

記事を読む

Google AD


Comment

  1. Tomas T より:

    「メイスピイ135化作戦」を掲載したサイトの管理人Tomas Tと申します。
    偶然、ネットで「メイスピー35mmフィルム化大作戦」のタイトルを見かけてやって来ました。
    マイナーな当サイトの記事をURL付でご紹介して頂き、ありがとうございます。
    メイスピイはたまたま出張先の大阪で入手し、持ち合わせていたデッドストックのボルタ版カラーフィルムで撮影したところ、その描写にビックリして135化を思いつきました。

    • anicame_admin より:

      Tomas Tさん
      はじめまして、書き込みありがとうございます!
      私が使っているのはメイスピーIaですが、
      その写りがかなりよかったので驚きました。

      ボルタ判は35mmのパトローネが入らないので、
      何とかできないかと色々探しているうちに
      Tomas Tさんのサイトにたどり着きました。
      大変参考になりました。
      ありがとうございました。
      他のボルタ判や中判カメラに35mmフィルムを入れる時に
      同じような工夫を施しています。

      メイスピーはホビックスやスタート35よりも
      少し大きめなので、昨年にパトローネが入るように
      さらに改良しました。でも、削りすぎて
      裏蓋が外れてしまったので、針金を使って
      何とか元に戻して使っています。

      あの時代のメイスピーは何であんなに描写が優れてるんでしょうか。
      そのあとに出たメイスピーハーフなんかよりもかなりきちんとした
      写真が撮れるんですよね。
      もっと多くの人にこの事実を知ってもらえればと思ってます。

  2. Tomas T より:

    私の使っているのは「Meisupii-35Ⅲ」です。
    目測なれどピント合わせができます。

    確かにモノクロ時代の玩具カメラなのに、驚異的な描写力と美しいカラーの再現性ですね。
     ↓
    http://www.photohighway.co.jp/AlbumTop.asp?key=840320&un=53026&m=0

    写りが気に入り、その後、ピント合わせの出来る何種類かのMeisupiiを購入してしまいました。
    メイスピーハーフも写りが良いとは、東郷堂のカメラ、侮れませんね。

    • anicame_admin より:

      Tomas Tさん
      書き込みありがとうございます。
      私のメイスピーIaは、ピント合わせができないタイプです。
      ただ、レンズが小さめなので接写レンズを無理矢理取り付けて
      花などを撮って楽しんでます。30cm位まで近づけます。

      Tomas Tさんの撮影された写真、
      35mmフィルム化の際、参考に
      何度も拝見させていただきました。

      ボルタ判のカメラはフィルムの巻き直しなどが
      必要なのと、フィルムの入れ替えが
      ダークバックでないとできないのでちょっと不便。
      1回フィルムを詰めて持って行くと、20枚くらいで
      打ち止めになるので、家に持って帰ってダークバックで
      フィルムを取り出してます。

      ちょっと面倒ですが、写りがいいのと軽いので
      いつも連れ出したくなるカメラです。

      メイスピーハーフのレンズはメイスピーIaよりも
      かなり劣りますが、良い意味(?)で
      味のある写真が撮れるため気に入ってます。

      試しに東郷堂のホビックス・ジュニアも巻き直して
      撮影してみましたが、ちょっとぼんやりした感じでした。

      メイスピーのボルタ判だけ、なぜか写りがいいんですよね。
      ほんと、不思議です。

      • Tomas T より:

        「Meisupii-35Ⅲ」では36枚撮りフィルムを装填し、36枚撮影出来ています。
        不思議ですね。「Ia」と微妙に容積が違うのでしょうか。比較したことがないので分かりませんが。

        接写レンズ装着とは目からウロコものです。
        小型デジカメのレンズ前面に貼り付けるタイプのフロントコンバージョンレンズを数タイプ持っていますので、いろいろと試してみます。

        • anicame_admin より:

          Tomas Tさん
          先ほどTomas Tさんのサイトを見ていて気がついたのですが、
          私もこの前玉回転式のメイスピーとほぼ同じモデル、持ってます。
          レンズは、Meisupii-35Ⅲの方が大きいです。
          カメラ本体の大きさは、だいたい同じだと思います。

          接写レンズは、チェキ用のものを使っています。
          500円くらいです。そのままだと装着できないので、
          こちらのエントリーにあるように輪ゴムを通して
          無理矢理装着しています。
          http://anicame.com/post-1653/

          エントリーではペンEE-3に付けてますが、
          こうすれば、30センチくらいの距離で撮影できます。
          ただ、レンズの大きなカメラですとケラレが発生します。
          Meisupii-35Ⅲだとレンズが大きめなので、
          合わないかもしれません。
          結構適当に取り付けてアバウトに撮影してますが、
          結構しっかりと写ってくれるので便利です。

          メイスピーで35mmフィルムを使う際は
          遮光をしっかりしないと光線漏れが発生しますね……。
          私の場合も結構悩まされました。
          毛糸を貼り込んで、ISO100のフィルムにしたら大分改善されました。
          ただ、今でも時々光線漏れになります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


[懐] 宙のまにまに アフタヌーン付録 蒼栄高校天文部入部案内DVDを入手したよ!!

先日、こんなDVDを入手しました。 月刊アフタヌーン2009年8月号

アルピニスト・野口健さんのカメラはニコンFM2!

野口健さんといえば、25歳でエベレスト登頂に成功し、 七大陸

有頂天家族2 ひな壇にカメラを飾る─その発想はなかったわ (笑)!

第10話「偽右衛門の決まる日」より。 蛙の姿から元に戻った矢二郎

トクサツガガガ 第10巻に出てきたカメラはPowerShot SX710 HS!

主人公の仲村 叶は普通のOLですが、実は特撮オタク。 職場では女子力

インスタントカメラでおなじみのチェキがついにデジタル化!

インスタントカメラの代表と言えば、以前は ポラロイドでしたが、現在は

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


PAGE TOP ↑