*

つみきのいえに出てきたカメラ

公開日: : 最終更新日:2014/02/19 アニメ, アニメ・特撮に出てきたカメラたち

Pocket

第81回米アカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞した、
加藤久仁生監督による『つみきのいえ』。
この作品にもカメラが出てきます。

あらすじ
水に囲まれつみきを積んだような部屋でひとりの老人が暮らしている。水没している階下にパイプを落とした彼は、それを拾うためにもぐり、それぞれの部屋に刻まれた家族の思い出にめぐりあう。いまはいない妻、娘、なつかしい人々の大切な記憶が静かなタッチで描かれ、純度の高い心にしみる作品(文化庁ホームページより)。

家族との記念写真の場面を思い出す主人公。
一応、カメラでフラッシュが上についているなぁ、という
くらいしかわからないので機種は特定できませんね。
 photo tsumikino_01_blog_import_529edacbacb22_zps2bc492e3.jpg

セルフタイマーで写真を撮ろうとしますが、
 photo tsumikino_02_blog_import_529edacac3341_zps5ae6d4dd.jpg
足をひっかけて転んでしまいます。
 photo tsumikino_03_blog_import_529edaccb8c27_zpse2cc17e1.jpg

その時に、シャッターが切れる──。
そんな思い出も、今は水の中。
 photo tsumikino_04_blog_import_529edacde39d3_zps2e0401ce.jpg

10分ほどの短編ですが、切なさが伝わります。

Google AD


関連記事

大正野球娘。(たいやき)に出てきたカメラ

女の子が野球をする、という「大正野球娘。」、 略して「たいやき」は時代設定が大正14年です。 第

記事を読む

少女終末旅行 チトのカメラはオリジナルデザインのデジカメ!!

第4話「写真」「寺院」より。 第3話で知り合った、地図を作りながら旅をする カナザワが持

記事を読む

レッドデータガール第7話の三味線描写がいい感じ!

これまで、アニメに出てきた三味線について 何回か説明してきました。 今回はレッドデータガール

記事を読む

闘将ダイモス 第24話に服を透視するオリジナルカメラが登場!!

闘将ダイモスといえば、 トレーラーが変形してロボットになるという アレです。子供心にロボットのデ

記事を読む

東のエデンに出てきたカメラ

ノブレス携帯がほしくなる、『東のエデン』 第11話「さらにつづく東」より。 古い映画のような

記事を読む

Darker Than Black II 流星の双子に出てきたカメラ(3)

第2話「堕ちた流星・・・」より。 パブリチェンコ博士研究所をめぐり、さまざまな諜報機関の契約者

記事を読む

仮面ライダーアギトに出てきたカメラ(1)

第11話「繋がる過去」より。 翔一の過去を知る女性・三浦智子は殺されてしまった。諦めのつかない真魚

記事を読む

スマホで撮った写真でモンスターを発見し、バトルする「パシャモン」好評配信中!

セガから、スマホで撮った写真でモンスターを発見し、 そのモンスターでパーティを組んでバトルする

記事を読む

描写が微妙なカメラたち〜『サムライフラメンコ』『境界の彼方』『勇しぶ。勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』

正義のヒーローになって悪をやっつける イケメンヒーローアニメ『サムライフラメンコ』の 第4話「ア

記事を読む

未確認で進行形に出てきたラジカセ

いつもはカメラを特定してますが、今回はオーディオ編です。 これまで、東映版スパイダーマンやTARI

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


欅坂46・長濱ねるさんが写真集で使っていたカメラはオリンパス・ペンS!!

欅坂46の長濱ねるさんといえば、 明石家さんまさんに「うどん屋さんや

[てんすら] 転生したらスライムだった件 魔物の国の歩き方 フラメアのカメラはポラロイドSX-70!!

転生したらスライムだった件、 略して「てんすら」のスピンオフ作品。

ウルトラマンR/B(ルーブ)第10話に登場したカメラはパナソニックLUMIX DMC-LX3-K!!

第10話「湊家の休日」より。 ピクニックに出かける主人公一家。 一

仮面ライダージオウ 第1話に登場したテーブルラジオはナショナル・RE-796!!

第1話「キングダム2068」より。 主人公のソウゴは、時計店「ク

殺戮の天使 第6話 断罪人・キャシーのスピーカーはJBL 4344!!

第6話「Zack is the only one who can ki

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


PAGE TOP ↑