*

Akiba’s Trip The Animation タスジン・ラトゥのカメラはコダックSix-20!

Pocket

第11話「真夏のアキバフェス開幕!」より。

主人公たちが所属している自警団は電気マヨネーズといいますが、
ニセモノの電気マヨネーズが秋葉原に出没し
オタクたちに悪さを働いているとのこと。

タモツたちはニセモノをとっつかまえようとしますが、
逃げられてしまいます。

しかし、博士がどんな暗闇でも
くっきりはっきり写すことができる暗視カメラで
撮影しておいた、と言っています。

彼女はタスジン・ラトゥといって、
タモツたちと一緒に行動している
元つくばの研究員で、
いろいろなものを作り出す力を持っています。

これによって、電気マヨネーズの疑いが晴れたわけですが……

そんなストーリーよりも大事なのはこのカメラ。

これは、コダック(KODAK)のスプリングカメラ
(Folding Camera)、Six-20(1932〜34年)の
アールデコバージョンですね。

レンズ回りの模様と、蛇腹を引き出す部分の金具も
同じです。

画像を反転すると、金具の部分も同じ形になっているのが
よくわかります。

Six-20という名前の通り、620フィルムを使います。
ブローニーは120フィルムですが、それよりも軸が細く
小型化できる特徴がありました。
当時、トイカメラにもよく使われていましたが
120フィルムよりも先に絶滅してしまいました……。

(amazon)
「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」Blu-rayボックスVol.2
「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」Blu-rayボックスVol.2

(楽天)

Google AD


関連記事

ノブナガンに出てきたカメラ

第3話「キャパの島」より。 主人公のしおはDOGOOの一員となり、サンジェルマンに連れられて密林に

記事を読む

バカとテストと召喚獣に出てきたカメラ(2)

第3話「食費とデートとスタンガン」より。 土屋康太が、島田美波(しまだ みなみ)のスカートの中を撮

記事を読む

IS<インフィニット・ストラトス>2に出てきたカメラ(3)

第11話「恋こがれ京舞台」より。 修学旅行で、あこがれの京都にやってきた主人公たち。

記事を読む

デンキ街の本屋さんに出てきたカメラ(2)

第7話「いざ銭湯へ……/胸がいっぱい」より。 前回はペンタックスの一眼レフである *ist

記事を読む

妖怪ウォッチに出てきたカメラ(2)

第62話「妖怪 よつめ」より。 ヒロインの文花(ふみか)が、 運命の男性が誰なのか占ってもらって

記事を読む

昭和元禄落語心中 助六再び篇 与太郎のヘッドフォンステレオはソニーの初代ウォークマン!

助六の名を継いだ与太郎が、 師匠との親子会で『居残り』を披露することになりました。 そこで、いろ

記事を読む

放課後のプレアデスに出てきたカメラ

自動車メーカーのスバルと、ガイナックスがコラボした作品です。 第9話「プラネタリウムランデ

記事を読む

アイカツ!(アイドルカツドウ!)に出てきたカメラ

第6話「サインに夢中!」より。 紫吹蘭(しぶき・らん)は、幼い頃から芸能活動をしているアイドル歌手

記事を読む

昭和元禄落語心中 助六再び篇 樋口のカメラはCONTAX T2!

第4話より。 売れっ子作家の樋口が、 八雲と信之助の車に乗っています。 先生は新作はやらな

記事を読む

Soul Link(ソウルリンク)に出てきたカメラ(2)

第5話「WATERSHED -分岐点-」より。 不安になるメンバーたち。 こんな時こ

記事を読む

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Google AD


水樹奈々さんのDVD『NANA CLIPS 7』の表紙に登場したのはオリンパス35SP!

水樹奈々さんのミュージッククリップと 映像特典として国立代々木競技場

スマホで撮った写真でモンスターを発見し、バトルする「パシャモン」好評配信中!

セガから、スマホで撮った写真でモンスターを発見し、 そのモンスタ

アニメ『キノの旅』シズのカメラはポラロイド SX-70!!

第8話「電波の国」より。 移住先を探そうと、政治や経済が安定している

Just Because! 6.5話「ふらり、Just Because!の旅」にキヤノンのEOS M6とPowerShot G5Xが登場!!

最近のアニメでは、 本編をまとめた箸休め的なお話しとか、 番外編と

少女終末旅行 チトのカメラはオリジナルデザインのデジカメ!!

第4話「写真」「寺院」より。 第3話で知り合った、地図を作り

→もっと見る

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


PAGE TOP ↑